三宅島

三宅島ってどんなところ?

三宅島MAP

東京から南へ180kmの場所にある三宅島は、島の中央にある雄山を中心にたびたび噴火をすることで知られている。島のあちこちで火山島ならではの独特の景観を見ることができる。
約2,500年前にできたという大路池は伊豆諸島最大の淡水湖でたくさんの野鳥が生息するバードウォッチングの聖地。周囲は約2kmで遊歩道が整備されている。近くにあるアカコッコ館にはレンジャーが常駐しており、野鳥について詳しく教えてくれる。
黒潮の影響を受ける三宅島は日本有数のダイビングスポットでもある。海中ではサンゴ礁やカラフルな熱帯魚、ウミガメなどの生き物たちに出会える。メガネ岩の下は巨大なアーチが3つもあって迫力満点。
東京から三宅島までは大型客船で最短6時間30分。

メガネ岩

メガネ岩

溶岩流が波で浸食されてできた奇石。元々は穴が2つありメガネのように見えていましたが、昭和37年の噴火で片方が割れてしまった。付近の海はダイビングスポットになっており、年に数日だけ期間限定でダイビングが解禁される。

新鼻新山

新鼻新山
(にっぱなしんざん)

海岸に見える黒い高まりが新鼻新山と呼ばれている。1983年の噴火の際に一夜にしてできた火砕丘で三宅島では有名な観光スポット。

アカコッコ館

アカコッコ館

源泉は地鉈温泉から引湯。潮の干満に関三宅島の自然を多くの人に知ってもらうために1993年に設立された。日本野鳥の会のレンジャーが常駐。アカコッコは日本にのみ生息する固有鳥類。国の天然記念物で主に伊豆諸島南部に生息している。

伊豆岬灯台

伊豆岬灯台

明治42年に建てられたランプ式無人灯台。上に上がると天気の良い日には新島や神津島、そして富士山が見えることも。

三宅島ツアーQ&A

三宅島のベストシーズンはいつ?
三宅島はダイビング、バードウォッチング等を楽しむお客様が多く訪れます。
バードウォッチングが目的の場合は4月~梅雨入り前まで、ドルフィンスイムは7月~9月、ダイビングは4月~11月がおすすめのシーズンです。
ダイビングや島の散策はそれほど時期を選びませんが、降雨量が少なめな7月~8月が比較的雨を心配しないで観光を楽しむことができます。
どんな服装が良い?
『春』 暑すぎず寒すぎず穏やかで過ごしやすい気候ですが、朝晩はまだ肌寒いため軽めの羽織りものがあると安心です。
『夏』 Tシャツ短パン、ワンピースなど涼しげな服装がいいでしょう。海に囲まれていて風が吹くこと、照り返しが弱いこと、木陰多いことによって都心よりも涼しく感じます。日焼けに注意してください。
『秋』 春と同様に過ごしやすい日々が続きます。10月になると長袖に軽めの羽織りものがあると便利です。11月には一気に風が冷たくなるので冬服の用意が必要です。
『冬』 都心と比べると気温は高いですが、風が冷たいので体感は寒く感じます。コートとマフラーでしっかりとした防寒対策をしましょう。
島内の交通手段は何がありますか?
バス、タクシーが運航しています。
レンタカー・レンタバイク・レンタサイクルを利用して自由に島を回ることもおすすめです。
海沿いの海岸線を走る三宅一周道路は約30キロ、車で1時間弱で回れます。
コンビニ・スーパーはありますか?
三宅島にコンビニはありません。商店はありますが、24時間営業ではなく19時頃には閉店してしまうのでご注意ください。
携帯の電波は通じますか?
docomoが1番入りやすいですが、Softbank、auも利用可能です。場所によっては電波が入りにくいのでご注意ください。